株式会社ロボメカニクス研究所

貴社の商品開発/リードタイム短縮/コスト削減/魅力的な商品開発をご提案いたします!
RT(Robot Technology)で革新的技術を貴社の商品開発に生かす「ヒット商品開発プロジェクト研究所」です。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.08.27 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - |
    2015.09.02 Wednesday

    ☆☆ 第11回イノベーション・エクスチェンジ 新商品開発説明会 ☆☆

    0
      JUGEMテーマ:ビジネス
      ☆☆ AISIN精機様が新商品開発パートナーを大募集中 ☆☆
      平成27年9月1日(火曜日)14:00~16:30
      電動小型モビリティー「ILY]の更なる進化を加速する技術やアイデアを提供できるチャンスです。
      開催場所:大阪イノベーションハブ、グランドフロント大阪7階
      ※但し、説明会に参加した方のみが応募出来るのです!!



      以下の写真は、ASIN精機様と千葉工業大学様との共同開発した試作モデル 「ILY] だ。

      トランスフォーマー式電動移動モビリティー車となっている。

      ちなみにASIN精機の2014年経常売上高は、1兆8000億円だそうだ。
      すごい!!
      車部品製造企業って凄い

      しかし、改善点としては自重が40Kgと少し重いそうだ。
      今流行りのカーボンファイバーを使用すれば強度と軽量化に寄与出来るが、コストが問題となりそうだ。

      次回のテーマは、「減速機 ハーモニックドライブ減速機構」を分解したい。
      どうぞ、お楽しみに!!

      ご機嫌よう

      15:41 | セミナー | - | - |
      2015.08.17 Monday

      ☆今!大阪産業創造館が暑い!! 新規取引のチャンスです ☆

      0
        JUGEMテーマ:ビジネス
        ☆ 大阪産業創造館様からの情報です 提案者募集! 新規取引のチャンス! ☆
        夏は暑い! そして大阪産業創造館の情報はもっと熱い!

        未だ間に合います!
        逆見本市のWEBサイトはここ
        http://www.sansokan.jp//


















        募集内容はこちらです

        更にあの「AISIN]様が共同で新商品開発パートナーを大募集です。
        未だ間に合う??

        先ずは、9月1日火曜日の説明会に参加しないと提案が出来ません。
        みなさん急いで下さい。

        これらは、当方が8月6日セミナーに参加した時に受領したパンフレットから抜粋したものです。
        募集終了も在りますのでご確認の上、自己責任で申し込み下さいませ。

        では、ご機嫌様!!

         

        14:53 | セミナー | - | - |
        2015.06.27 Saturday

        ☆☆ ロボットビジネスと資金調達 ☆☆

        0
          JUGEMテーマ:ビジネス
          ☆☆ iRooB Meeting 2015 ☆☆
          6月25日午後7:00〜10:00 グランドフロント大阪7F 大阪イノベーションハブ
           「ロボットビジネスと資金調達」に参加して来ました。


          主催は「iRooBo Network Forum」です。
          何時もお会いするメンバーの他に沢山の知らない方が参加されており友好を深める事が出来ました。
          取っ掛かりは、「ハックベンチャーズ株式会社 代表取締役 山舗智也氏」による
          大阪発!グローバルイノベーションファンドに関しての説明であった。
          この方は1年の内、シリコンバレーに半年、日本に半年の生活をしているらしい。
          48億円位のベンチャー支援の実績があると聞いた。
          今後は大阪発企業家を求めるそうだ。
          アメリカのサンフランシスに住んでかれこれ10年経っており、現地の企業である
          「グーグル」「フェイスブック」の話が興味有る内容であった。

          著名な企業「アップル社」ロゴ


          次に「ATRの知財を活用!けいはんなATRファンド」に関してだ。
          日本ベンチャーキャピタル株式会社 執行役員 西日本支社長 藤本良一氏の話だ。
          なんでも100億規模のベンチャー支援をしているとの事だ。

          ベンチャー企業を起業しようと考えている方にとっては朗報だ。

          次は7月に開催予定との事だ。
          皆さん御機嫌よう
           

          16:18 | セミナー | - | - |
          2015.03.18 Wednesday

          ☆ 転載 ロボットと共生する社会

          0
            JUGEMテーマ:ビジネス
            セミナー 「ロボットと共生する社会」のご案内

            高齢社会の日本では、好むと好まざるに係らず何らかの形で「ロボットと共存する」事を強いられる可能性があるのだが、それらを考える良いチャンスです。会場でお目にかかりましょう。


              講師:千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 室長 先川原正浩 氏
            1.日時:平成27年 4月18日(土)  14:00 〜 16:50
            2.会場:品川区立総合区民会館「きゅりあん」5F 第4講習室
            3.講演要旨
            2011年3月、福島第一原発の水素爆発事故があり、災害対応ロボット「クインス」(Quince)の投入はとても大きな話題になった。クインスは、人間が入れない危険な閉鎖空間内の探査を目的に開発されたロボットである。国の支援も受けながら、2006年から5年をかけて研究され、2010年に完成したものだ。クインスは、例えば、地下鉄サリン事件のように地下空間に有毒ガスがまかれるなどの事態、あるいは巨大地震で建物が倒壊しレスキュー隊すら入っていけない危険な場所の探査などを想定している。福島第一原子力1,3号機ではすでに水素爆発が起きていたが、クインスは原発事故での活用をまったく想定していなかった。それでも、水素爆発を起こした原子炉建屋に瓦礫が散乱していることは容易に想像できた。
            瓦礫の中で働けるロボットは、国内外を含めてクインスが性能面で一番優れている。いずれは我々に現場探査の要請が来るだろうと予想し、1号機水素爆発の3日後から独自に「原発対応ロボット」への改造を始めたのである。クインスを実際
            に現場投入するまでには、遠隔コントロールをどうするか、高い放射線の環境下でロボットが正常に稼働するのか等々、さまざまな問題に対処する必要があった。
             本講演では、上記のような原発災害対応ロボットについて裏話を含めた開発事情から、福祉・介護ロボットや警備ロボットといった人の役に立つロボットを中心に、豊富な動画を用いてわかりやすく紹介するものである。また、ロボット製作を手がけたい方のヒントになるロボットコンテストについても言及する。

            4.参加費:BCCNメール受信者= 1,500 円、 一般2,000円

            セミナー詳細&参加申込はNPO法人「科学技術者フォーラム」のホームページwww.stf.or.jpの、 H27年4月度セミナー案内をご参照下さい。
             
            株式会社 ビーシーシーネットワーク(BCCN) (現在配布先18,500)
                    〒380-0802 長野市上松3-27-12 小林巡(代表取締役 )
            TEL & FAX  026-262-1622 携帯電話:090-7177-4348 Skype:kobameguru   
            E-mail: meguru@office.email.ne.jp URL www.bccnetwork.com/
            本件は、直接に上記連絡先に聞いてください。


            日本で有名な物、それは、富士山、ロボット、マッサージチェア、ips細胞、などなど
             

            16:02 | セミナー | - | - |
            2014.01.16 Thursday

            ☆☆ デザインを生かしたモノづくり 2014年1月28日(火曜日)15:00〜17:00

            0
              JUGEMテーマ:ビジネス
              ☆☆ デザインを生かしたモノづくり  神戸市産業振興センター  神戸芸術工科大学

              我々中小企業のモノづくりでは、デザインが有効的に活用されていない事が多いのではないかと考える。
              「三次元の可能性とデザイン開発」
              デザインを生かしたものづくりセミナー が開催されるのでご興味ある方は、是非ご出席下さい。

              日時:2014年1月28日(火曜日)15:00〜17:00
              会場:神戸市産業振興センター 801会議室
              講師:神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科 大田尚作教授
              アクセス:JR神戸駅から徒歩8分
                    阪急・阪神 高速神戸駅から徒歩12分
                    神戸ハーバーランド近い

              三次元設計は、中小企業に大きな力となります。
              弊社では、Solidworksでの三次元CADによる設計をリーズナブルでお引き受け致します。
              お気軽にお問い合わせ下さい。
              貴社の新製品の企画、或いはプロダクトデザイン(提携デザイナー)でお受け出来ます。
              低価格での試作品製作などもお引き受け出来ますのでお問い合わせ下さい。
              スタッフ一同お待ちしております。

              >>では、ごきげんよう


              13:22 | セミナー | - | - |
              2014.01.07 Tuesday

              ☆☆ 医工連携人材育成セミナー神戸  情報  医療機器 セミナー 薬事法

              0
                JUGEMテーマ:ビジネス
                ☆☆ 医工連携人材育成セミナー神戸 2013年第2回 神戸市産業振興センター

                開講日:平成26年2月19日(水曜日)16:00〜19:45
                毎年恒例の「医工連携人材育成セミナー」で、特に最近では「医療機器」開発、販売に積極的企業が増えて満席状態です。
                御社でも医療機器関係ビジネスをするのにお勧めのセミナーと言える。
                22日(土曜日)10:30〜16:15
                               26日(水曜日)16:30〜19:45
                            3月 1日(土曜日)10:30〜16:15
                                5日(水曜日)16:30〜19:45
                受講料:¥5,000円


                募集定員:50名 毎回定員の満席状態
                募集締切:2月5日(水曜日)
                主催:(公財)神戸市産業振興財団
                後援:神戸大学医学部、京都大学再生医科学研究所、(公財)先端医療振興財団、大阪商工会議所、(公財)京都高度技術研究所
                問合せ先:公益財団法人 神戸市産業振興財団 TEL078-360-3199

                見学も参考になるので是非!!

                >>ではごきげんよう



                 

                09:51 | セミナー | - | - |
                2013.12.26 Thursday

                ☆彡 医工連携人材育成セミナー  京都大学医学部  募集締切1月22日(水)

                0
                  JUGEMテーマ:ビジネス
                  ☆彡 医工連携人材育成セミナー  募集中
                  2013年第二回 医工連携人材育成セミナー募集中
                   医療・介護・健康分野は、今後の成長が期待されており、成長戦略の具体化が求めれている。
                   医療機器国産化、高齢者に適応した在宅・医療サービス、健康・福祉用具の充実など、医療の姿を大きく変えていくことが必要だ。
                   医療機器開発などを目指す関西地域の中堅・中小企業の方々を主対象として本年度第二回の人材育成セミナーを企画されている。

                   開催日:平成26年2月1日(土曜日)、11日(火曜日・祝日)、15日(土曜日)
                   募集定員:30名
                   受講料:¥5、000円
                   開講場所:京都大学医学部・南部総合研究1号館
                   募集期日:1月22日(水曜日)
                   カリキュラムは、以下の写真を参照下さい。








































                   医療機器開発などに興味ある企業には、良いセミナーである。
                   薬事法の解説などもあり解りやすく為になる。
                   主たる開催者は、神戸市産業振興財団となっている。
                   出席希望者は、上記「医工連携人材育成セミナー」とWebで検索して直接 FAXにて申し込むと良い。
                   毎回、定員一杯になる様でお早めにどうぞ!!

                  >>明日が仕事納の会社が多いようです。 ごきげんよう
                   

                  11:38 | セミナー | - | - |

                  ▲top