株式会社ロボメカニクス研究所

貴社の商品開発/リードタイム短縮/コスト削減/魅力的な商品開発をご提案いたします!
RT(Robot Technology)で革新的技術を貴社の商品開発に生かす「ヒット商品開発プロジェクト研究所」です。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.08.27 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - |
    2013.10.11 Friday

    ☆彡 グランドフロント大阪  日本初EVスポーツカー グリーンモータース株式会社

    0
      ☆彡 グランドフロント大阪   グリーンモータース株式会社  EVスポーツカー 

      10月8日(火曜日)15:00〜グランドフロント大阪 ナレッジキャピタルにて起業家世界大会に向けて関西の起業家トミーカイラ復刻版2名の壮行会に参加した。
      右写真は、グランドフロント大阪3FのLabに常設展示している「トミーカイラ復刻版」
      EVスポーツカーである。

      実物を拝見したが、完成度は非常に高い。デザイン及び実物共魅力ある商品だ。
      ちなみに本電気自動車は、グリーンロードモータースから本年5月15日から受注生産
      している。
      京大発ベンチャーであるグリーンロードモータースは、京大大学院を卒業した小間社長
      が卒業後に創業した人材派遣会社(年商20億円)から新たに創業したEVスポーツカー
      専門製作会社だ。
      2013年10月現在でおよその受注台数は、100台との事だ。
      本自動車生産においては、車体の生産時には大きな金型が必要であって、一般的に金型製作費用が数百億円必要らしい。

      小職も以前に在籍していた会社で自動車用の車体金型を見たことがあるが、非常に大きく精度が必要なのだ。
      金型を駆動して高張力鋼(車体用鋼)をプレスする機械の大きさがちょっとしたビルの大きさになる。
      それを油圧式の機械でプレス加工及び取り出しをロボットが行うのだ。
      しかしグリーンモータース株式会社では、職人さんの手加工で時間を掛けて手作り式なので、高額の金型投資が不要との事だ。
      確かにスポーツカー車体なので、小ぶりで曲面が多く手作りが向いているかも知れない。

      それにしても小間社長は、工学出身では無いので大変ご苦労されている事と思うが、ガンバレと応援したくなる好印象の若社長だ。
      懐に余裕のある社長様がおられましたら、是非一台ご注文をどうぞ!
      お勧めのスポーツカーが、日本から生まれようとしている。
      小間社長応援します。

      >>続く
       

      ▲top