株式会社ロボメカニクス研究所

貴社の商品開発/リードタイム短縮/コスト削減/魅力的な商品開発をご提案いたします!
RT(Robot Technology)で革新的技術を貴社の商品開発に生かす「ヒット商品開発プロジェクト研究所」です。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ☆☆ 今年のノーベル物理学賞が決まった!! ☆☆ | TOP | ☆☆ 減速機構造及びベアリング構造です ☆☆ >>

2016.08.27 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - |
    2015.10.14 Wednesday

    ☆☆ 2015インテックス大阪第18回機械要素技術展へ行く ☆☆

    0
      JUGEMテーマ:ビジネス
      ☆☆ インテックス大阪へ機械要素技術展を見学に行く ☆☆
      去る10月9日(金曜日)に大阪南港のインテックス大阪まで第18回機械要素技術展へ見学に行った
      会場の雰囲気

      会場は、1号館から5号館まで使用して来場者数もかなりの数だ。
      これも「アベノミクス効果」なのか?

      我々ロボット屋は、新製品の日本電産シンポ株式会社製の新製品に興味が有るので来てみた。

      主な仕様は以下の様である。

      面白い事に先発メーカーの「ハーモニックドライブ社」と型番が違っているのだ。
      アメリカのPATで製造された「ハーモニックドライブ」の型番は、インチサイズになっているが一方の日本電産シンポ製は
      日本製なのでミリ単位となっている。
      例えばサイズの所で「35」は、35mm寸法なのだ。
      我々日本人には、この表示が分かりやすい。
      いい加減アメリカも「インチ」から「ミリ」に単位切り替えをするべきだ。
      何故?「インチ」「ミリ」と世界で別れるのかご存知か?
      軍事的な理由なのだ。
      アメリカで製造された兵器が日本で使用されない様に単位をわざと変えたとの事だ。
      アメリカは、歴史的にイギリスの移民から国が出来ているので、単位がミリでもおかしく無い。

      以下は、Solidworks使用で仕事されておられる方に朗報だ。
      特に神戸近郊の方は、便利だ。

      体験セミナーなので無料の様だが、日程は直接企画した会社まで問い合わせ願いたい。
      本所は、無関係なので念のため。

      今年は、12月に東京で開催予定の「国際ロボット展」に参加も検討したが不参加となった。
      次回は、参加したい。

      皆さんご機嫌よう

      09:51 | 見学 | - | - |
      2016.08.27 Saturday

      スポンサーサイト

      0

        09:51 | - | - | - |

        ▲top